ガラス雑貨づくりをはじめ日々の色々なものづくりやツボなものや出来事をつづる日記。手作業と食べる事と自然と音楽とアートが好きです***copyright(C)ブルーダールallright reserved

by dart_nahoko
 
<   2008年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
 
映画【腑抜けども、悲しみの愛をみせろ】
アマゾン

出演: 山本浩二, 佐津川愛美, 永作博美, 佐藤江梨子, 土佐信道
監督: 吉田大八

********


佐藤江梨子の気迫みたいなのと凄いスタイルが本当に怖かった。。 (この映画の意図通り)

永作博美が一番面白くて爽快な演技で目が離せない・・・

永瀬正敏の役がなぜあれだけ家族にこだわるのかが よくわからなかったけれど、全体的に面白くて興味深い内容だった!!

ブラックなんだけど笑える、、、漫画のように

明和電機代表・・・・かっこいい。
[PR]
by dart_nahoko | 2008-02-27 22:27 | シネマ・本・音楽・舞台・ライヴ
 
映画【アメリカン・ピーチパイ】
アマゾン

出演: アマンダ・バインズ.チャニング・テイタム.ローラ・ラムジー 監督: アンディ・フィックマン

*****

まず、このタイトルにしてこのパッケージだったら【アメリカン・パイ】の女子版みたいにわざとしてるけど、内容とか方向性全然違うし・・・もっと内容がわかるようにしないともったいない!
※原題は She's The Man

シェイクスピアの【十二夜】が原作。
女子が男子に、男子が女子に扮装物の中で一番面白い作品だったような。

サッカー好きの女子が女子サッカー部が廃部になってしまい双子の兄に扮装して男子としてサッカーの試合に出るべく奮闘する物語(恋愛も)。

ありきたりな展開なんだけど、主演の子のコミカルな男装演技がすごい面白いから本当にあきない!
この主演ありきの映画なのかも。

女の子の時すごいかわいいんだけど、男装したとたんかなり丸っこい顔付きになってイモっぽく見えるのは驚く。。本当にこういう男の子いるわ。
表情に魅力があふれてて、本当に魅力的な男の子に見えてくるからまたすごい。
これこそが男装だよ!!イケメンパラダイス!


似たような設定で、私の好きな昔のユル映画、チャド・ロウ主演の【いつも一緒にいて欲しい】ってのも、ある意味面白いです。
これは、好きな女子に近づくために女装して寮のルームメイトになり、女子ダブルスでテニスの試合に出ます・・・
[PR]
by dart_nahoko | 2008-02-27 22:24 | シネマ・本・音楽・舞台・ライヴ
 
映画【俺たちフィギュアスケーター】
年度: 2007
国: アメリカ
フィギュアスケート史上初?追放された二人の世界チャンピオンが男子ペアを組んでリンクへ戻ってきた!

監督:ウィル・スペック/ジュショ・ゴードン
出演:ウィル・フェレル/ジョン・ヘダー
*********


【ナポレオン・ダイナマイト(バス男)】【ズーランダー】が好きな人必見!

私はそれに加えて、フィギュアスケートもちょっと好きなだけに、かなり面白くツボ入りまくった超おバカ映画です。

フィギュアスケートに超詳しいお友達と観に行ってきました。
ずっと前観た予告編から気になっていて、ついに!でした。
アメリカのおバカコメディって、自分の中で笑えるものと笑えないものすごいわかれるけど
(オースティンパワーズとか全然笑えない)
この映画、期待通り声出して笑えました!

ワイルド路線とエレガント路線のパロディな感じなのだけど、エレガント路線役ジョン・ヘダーがやっぱいいわ・・・・!!ナポレオン・ダイナマイトでも見せたあの天然に面白い空気。かき氷の食べ方とか、、、ほんとツボ。

でもけっこう真剣に作りこんでいる感じなので、フィギュアスケートの演技とかちょっと泣けた・・(私だけかも・・) 爽快な気分になれます!
[PR]
by dart_nahoko | 2008-02-27 22:16 | シネマ・本・音楽・舞台・ライヴ
 
体験試験教室
また準備が整ってきたら、きちんと始めるつもりの体験教室。

まったくの初心者の友人に試験的に教えてみました。

オリジナルお箸置き です。お箸置きは簡単ですがちょっとこってます。

e0076071_2136272.jpgまずイメージを範囲内でだいたい書いてもらいます。












e0076071_21372768.jpgガラスを型通りに切る体験。












e0076071_2138936.jpgガラスの上に好きなようにデコレーション。













e0076071_2139307.jpgセット完了。

焼いてから、冷まして












e0076071_2146487.jpg
出来上がり。


今回は、特別に1日かけて(スパルタに?)ほぼ一人でやってもらったので、友達はものすごい疲労していましたが成功です

しかしひとつ割れてしまいました。
疲労して作ったものが割れた時の疲労は言葉では言いあらわせませんね・・
ステンドグラスではありえないです。。

やはり、お箸置きは体験1日では持って帰れないかなぁ。

また実験に実験を重ねたいと思います。何をしたら一番楽しいのかなども考えて行きたいです。

※大きいものは、窯の温度との違いで、かなり注意して徐々に熱を取っていかないと
すぐに割れてしまうので難しいです。
[PR]
by dart_nahoko | 2008-02-10 21:43 | レッスン
 
映画【クラッシュ】
ポール・ハギス監督
サンドラ・ブロック, ドン・チードル, マット・ディロン, ブレンダン・フレイザー, テレンス・ハワード, サンディ・ニュートン, ライアン・フィリップ主演


『ミリオンダラー・ベイビー』の製作・脚本を担当したポール・ハギス初監督のヒューマンドラマ。アメリカ・ロサンゼルスを舞台に、様々な人種や階層の人々の怒りや哀しみ、憎しみ、喜びなどを多彩な登場人物たちによって描く。
(「Oricon」データベースより)


**********


自分と違うものは、大まかに種類分けして差別
差別された側はした方を大まかに種類分けして差別
された側はまた大まかに種類分けして差別

きちんとその人の事を知りもしないで。

差別されないために媚びて、怒りがたまってぶつかる
被害妄想で怒ってぶつかる

心が通じ合いそうになったけど、やっぱりどこかでぶつかる
それでも人間はどこかで助けあっている
心と心がぶつかって一瞬何かが通じ合う
瞬間のアクシデントは、本当の自分の姿が見える

人間は自分を守るために、自分を優位にたたせて安心するために差別する生き物
でも、人間は心と心 真剣にぶつかったなら通じ合う事ができる生き物でもあるはず。。。
[PR]
by dart_nahoko | 2008-02-10 21:10 | シネマ・本・音楽・舞台・ライヴ
 
映画【ボルベール〈帰郷〉 】
出演: ヨアンナ・コバ, ロラ・ドゥエニャス, カルメン・マウラ, ペネロペ・クルス, チュス・ランプレアヴェ
監督: ペドロ・アルモドバル


ある日突然、死んだはずの母が帰ってきた。衝撃的な秘密を胸に・・・。

************

濃いい!!深い!!美しい!!

ペドロ・アルモドバル監督は、≪オール・アバウト・マイ・マザー≫と≪バッド・エデュケーション≫しか見てないけれど、色彩からセリフから何から何まで隅々まで凝られてる感じがする。


この映画も、凄い色気と活気と美があふれまくっていて見てて本当に気持ちが良い。キャラクター全てを魅力的というか立体的に描けてるような感じだし。

お料理とかお菓子もまた美味しそう。 食べ方とかもいいわ。

ペネロペ・クルスが、本当にかっこよくて美しくて素晴らしすぎた!!

歌は吹き替えだそうだけど、深い悲しみや今までのわけありな生き方みたいなのがが表現されてて、あの場面感動して泣きました。
あの時の服かわいすぎ!

≪オープン・ユア・アイズ≫の時よりも全然魅力的で、この人は年を重ねるほどに美しくなるタイプなんだろうか。

エンドクレジットもなんとオシャレな事か!
[PR]
by dart_nahoko | 2008-02-10 21:01 | シネマ・本・音楽・舞台・ライヴ
 
映画【エターナル・サンシャイン】
ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット 主演
ミシェル・ゴンドリー 監督

**********


脚本が、あの【マルコヴィッチの穴】の脚本家チャーリー・カフスマンとのこと。

ケンカ別れした恋人に自分の記憶を消された男
ショックで男も記憶を消そうとしたけど、思いだすのは君のことばかり。


ストーリーもさることながら
人選がまず型にはまってないわぁ。

いつもオーバーアクションすぎる演技のジム・キャリーが物静かな青年をせつなく演じてて胸キュン・・・
ケイト・ウィンスレットが一番似合わないであろう青色の髪をしたら、案外似合っていた。
この役でケイト・ウィンスレットとか考えつかないよなぁ。。

イライジャ・ウッドが、かすかに気持ち悪い路線の男を・・あのかわいいイライジャが本当に存在感薄く鬱陶しく見えるわぁ。。

2人が魅かれあう流れがロマンティック。
大好きなら記憶を消したって、何度でも魅かれあうんだね。
照れたりするジム・キャリー意外といいわぁ。


こういう映画(【メメント】とか【マイノリティ・リポート】など)を見たら、ヤボだけどつじつま合わせとかしてしまう自分が・・・
あと、自分がこの治療を受ける事とか想像してしまう・・
できれば消してほしい記憶がありますが。



******************

ここから ネタバレの疑問 

************


なぜ、受付役のキルスティン・ダンストは、いちいち記憶まで消したのに、仕事場を変えてなかったの?
思い出を消しても、そんな近くにいたらまた惹かれあうに決まってるんじゃ・・?
何度でも繰り返すんじゃ?
奥さんはなんでそれ知ってて許してるの?疑問・・

というか、1回しか見てないから、また時間あったらもう一回そこんとこ見直してみます。。

******************

随時、ネットショップも更新中です。
[PR]
by dart_nahoko | 2008-02-02 23:38 | シネマ・本・音楽・舞台・ライヴ


カテゴリ
全体
お知らせ
訪問・見学レポ
シネマ・本・音楽・舞台・ライヴ
クッキング
てづくり
つぶやき
レッスン
以前の記事
2017年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク