ガラス雑貨づくりをはじめ日々の色々なものづくりやツボなものや出来事をつづる日記。手作業と食べる事と自然と音楽とアートが好きです***copyright(C)ブルーダールallright reserved

by dart_nahoko
 
<   2007年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧
 
ボサノヴァ
e0076071_23113315.jpg今日の夜、ボサノバのライヴに誘われ行ってきました。

ピアノとのユニット、 【sonho ソニョ】

私の好きな神戸のお店 【HASU】にて。

むちゃくちゃ良かった!!ボサノバって、力入ってない歌い方なのに、終わった後、やたら元気が出て、頑張ろうってなってポカポカしてきました。はぁ~~~癒された~~!
生命力が音に乗ってきったっていうのかしら??
4月にアルバムが出るらしい。これは必聴です。

2007年 まだ1月なのに、無理やりじゃなく誘われたり奢られたりな流れで
ソプラノ合唱⇒ロック⇒アンビエント⇒ボサノヴァ
と音楽づいていますわ。

*****

4月あたりから、作家さんと7人ほどで、京都の物件を借りて期間限定でお店を開くという
イベントに、参加させて頂けるようです。
レトロなビルの1室を借りるそうで、詳しくはわからないのですが
そのために、私もがんばって商品作りします★
楽しみです。
[PR]
by dart_nahoko | 2007-01-25 23:11 | シネマ・本・音楽・舞台・ライヴ
 
白ふくろう
e0076071_2243895.jpg友達が皆が欲しがるそうな、白ふくろうの画像をくれました。。

白ふくろうって縁起?がいいらしく携帯待ち受けにしたりしたら良いとかなんとかなのですが・・
私、縁起がいい事に関しては最近一部の人に引かれるほど敏感でありまして・・
そんなノリからしたら、すぐにでも待ち受けにしたい所なのだけど
昔から、白ふくろうが怖くて怖くて身震いとかするから
どうしようかかなり葛藤してます(笑)
粗いからそこまでこの画像は怖くないけど。怖さ60%くらいです・・薄目で見てます。
気合い入れないと直視できませんが・・でも幸福のシンボルなわけで・・・

顔が180度回るとことか、白い顔が人間に見えてきたりして、、
コエーー!!!


あ、メデタイ食べ物の代表【赤飯】も、昔から食べれません・・・
思い浮かべただけでも ウゥゥ です。。
なんなんでしょうか・・・パラドックスに悩まされ続けます
[PR]
by dart_nahoko | 2007-01-23 22:43 | つぶやき
 
映画【ぼくを葬る】
脚本、監督フランソワ・オゾン監督 メルヴィル・プポー主演

*****
フランス映画が、あまり得意ではないのだけど
オゾン監督作品は、結構好きです。
なぜなら無駄がないし、いつも映像に水っぽさというのか??なんていうの?
色気エナジーというか。
なんか生きている感がみなぎっているから。

余命3ヶ月と宣告された主人公が、宣告されてから死を迎えるまでのストーリー。
この流れはとても理想的で、タイトルどおり、自分をきちんとした形で葬っているな
って思った。
でも、やっぱり子供を宿すという事にたどり着くのか。。
生きた証を残す、そして悔いのないように、残された人とのわだかまりもないように。

残された人の立場に立ったとして、彼が愛する人を最後におさめていった写真を見た時
彼の気持ちを受け取れるんだと思った。

自分の小さい頃の事を思い出して涙するシーンとか、愛する人の写真をこっそり撮っていくシーンとか泣けた。

きちんと死ぬための物語だけどとても生に溢れたみずみずしい映画でした。
[PR]
by dart_nahoko | 2007-01-12 22:00 | シネマ・本・音楽・舞台・ライヴ
 
映画【おわらない物語~アビバの場合~】
2005年 アメリカ
トッド・ソロンズ監督 エレン・バーキン
******

12歳のアビバの夢は赤ちゃんをたくさん産むこと。
念願かなって妊娠が発覚するが、両親に病院へ連れて行かれて手術を施されるが失敗して妊娠できない体になってしまう。その事実を知らないアビバは赤ちゃんを授かる旅へと出かけるが・・・・・・・



トッド・ソロンズ監督作品で、私の大好きな作品
【ウェルカム・ドールハウス】の次に好きな映画になりました。。

ウェルカム~の主人公キャラクターのドーンの従姉が、今回の映画の主人公アビバという設定。
そのドーンが自殺したっていう設定と、お兄ちゃんのその後のいけてなさ具合がショッキングだったけれど。。(ドーンはもっと打たれ強いはずだし、お兄ちゃんはもっと優秀なはず・・・)


愛に飢えているからこそ、いつでも愛し愛される赤ちゃんをたくさん産みたい少女アビバの旅。
主人公アビバは、性別年齢容姿バラバラの俳優8人が演じているとのことで、どうなるのかと思いきや私は、すんなり観れました。。
驚くほど8人のアビバは雰囲気が同じ。なんか不思議。
というより、この作品はこの手法は必要不可欠だなって思った。

解説でもあったけど、人間の本質は何があっても変わらないということ。
見た目だけで本質を決め付けないこと。
なんだか、このメッセージは変わりたいと願う私には、恐怖でもあったけれど、なんとなく言わんとしている事もわからないでもないわ。
実感として実際自分もある。
あと他人に対しても固定概念で決め付けるのはおかしいっていうのやら
色んな事を考えさせられる作品なんだぁ

なんていうか、普通はスポットを当てないような微妙な隙間にも当てていて
その当て方が、暖かくもなく冷たくもなく、観てる側に委ねるというか、【ハピネス】はなんか怖かさが勝ったけど、今回は直視できました。

それにしても、この監督の映画の音楽っていつも凄い頭をグチャっとされるような
ポップ感と不快感と面白さがあるわ・・・なんなんだろうか。
[PR]
by dart_nahoko | 2007-01-12 21:24 | シネマ・本・音楽・舞台・ライヴ
 
映画【40歳の童貞男】
2006年 アメリカ
ジャド・アパトー監督 スティーヴ・カレル主演

*****

40歳で未だ童貞だということが職場のギラギラの男達にバレて
それからというもの、悪友達はなんとか童貞を卒業させようと、あらゆるアドバイスと手段を伝授するドタバタロマンティックコメディ。


すっごい期待して観たのだけどちょっとだけ思ったよりそうでもなかったかも。。。
あ、子供たちに見つかるまでのシーンは笑った。

なんかいらない場面多いわぁ・・とか思ったら
多分、これDVDの完全版だから間延びするシーンがあったのか??劇場版を見たかったかもです・・。

でも、スティーヴ・カレルが大げさすぎずいい意味でリアルで、40歳の童貞男の立場に真摯に立って、下品炸裂の映画になる事無くギリギリスレスレで清潔感のあるロマンティックコメディに仕上げた所が素敵だと思いました~。
キャサリン・キーナーの演技が好きなので彼女が相手役ってのも良かったです。

下品系ロマコメは【メリーに首ったけ】とかの方が断然好きだしなぁ。
[PR]
by dart_nahoko | 2007-01-12 21:17 | シネマ・本・音楽・舞台・ライヴ
 
映画【ガール・ネクスト・ドア】
隣の家にセクシー&キュートな女の子が引っ越してきた。
優等生高校生の主人公は恋に落ちるが、女の子は実はポルノ女優だった・・・・
*****

主演のエミール・ハーシュが、ジャック・ブラックに現在ソックリということなのだけど
この映画では、瞳がとか笑顔が時折クリスタルの輝きを放ってて凄かった!!!
岩石からダイアモンドが見つかった瞬間みたいな感じ。
こういう表情できる若手っていいなぁ~凄い俳優になりそうなヨカン。

今、私の注目の俳優【リトル・ミス・サンシャイン】のポール・ダノも出演してて(ていうかそれ目当てで借りた)かっこ悪さ全開で絶妙だった。この人なんで、かっこ良く見えたりかっこ悪く見えたりするんだろうか・・・謎。カメレオン俳優になるヨカン。

主演の女の子もかなりかわいいし。

ノリとか描き方が、軽く観れて軽く感動できて爽やか青春物でよかった。
[PR]
by dart_nahoko | 2007-01-12 21:14 | シネマ・本・音楽・舞台・ライヴ
 
映画【プラダを着た悪魔】
2006年  アメリカ
アン・ハサウェイ主演
****

この映画観たら、テキパキ動きたくなったわぁ。。
あと、お洒落をたくさんしたくなる。服かわいい~
パンフレットもっとファッションを強調してお洒落に作りこんだらよかったような。

しかし気持ちの良い作品だった。
評価がわかれてるみたいだけど、私は結構好きでした。
アン・ハサウェイがなんか初めてかわいく見えた。
彼氏役がどうも微妙だったけど。


でもメリル・ストリープのやる編集長、そんな怖くなかったし。。
どっちかゆうたら優しいような。。。
実際の鬼上司や本物の編集長はこんなもんじゃないような気もした・・・
[PR]
by dart_nahoko | 2007-01-12 21:09 | シネマ・本・音楽・舞台・ライヴ
 
映画【リトル・ミス・サンシャイン】
e0076071_2393286.jpg笑ったわぁ~。
笑わせ方が新しい  笑わそうとしてないというか。
感動も、何気ない場面にポッと暖かくなる感じで。

感動させすぎず、アットホームになりすぎず
ぬるくなりすぎず、この普通っぽさの中にある暖かさ
一見、わけわからない人たちだけど、変だけど愛がある

トニ・コレット出演の映画にハズレなし、またまた良かったわぁ~~!

ラストは特に声出して笑ってしまったわぁ
現実的なハチャメチャ具合が新しいわぁ
まさかこう来るとは・・(笑)

涙出ないけど、涙出た感覚よ。この微妙な塩加減素晴らしいわ。

俳優全員かなりいい!
お兄ちゃん役のポール・ダノのファンになってしまったわ。
いい味だしまくり。

これまた、暇な時DVDで何回も観たいな
[PR]
by dart_nahoko | 2007-01-03 23:08 | シネマ・本・音楽・舞台・ライヴ
 
スッキリとした幕開け
あけましておめでとうございます!

e0076071_3431471.jpg今年の年明けは私の中でとても良かったです・・・
午前3時まわって泊まらずに家に帰ってきたってのもかなり初めてかも。

昨日は、友達に誘われて、夜9時から新年朝1時まで
スピリチュアルカウンセラー江原さんの【スピリチュアル・ヴォイス/カウントダウンスペシャル】へ大阪城ホールまで行って来ました~。
チケット結構取りにくいみたいなのに、貴重な経験ありがとう~☆

まず私は、なんの霊感もないけども、昨日凄く胃の調子が悪くて冷え込んでたのに、近づくにつれて食欲が出てきて下半身から暖かくなってきました・・

それでそれで、実際このイベントは、江原さんのメッセージがどうっていう以前にひとつの音楽会としてもかなり気持ちの良い舞台でした!
大阪センチュリー交響楽団と、合唱団、ソプラノ歌手の方とメゾソプラノ歌手の方、それと江原さんは10代の頃から声楽をやっていたそうで物凄い声量でした。音楽の力も凄い。

音楽とスピリチュアルメッセージと、公開カウンセリングっていう感じだったのだけど
公開カウンセリングは事前にお客さんが相談とかを紙に書いて渡しておいて、江原さんが選んで答えるっていう形でした。

かなり頷けるメッセージがいっぱいで、亡くなられた方もたくさん来ていたらしく・・・・
とにかく、亡くなり方が問題なのではなくって、遣り残した事や心配な事が問題なのだそうです。


なんにしても、生きている自分達は、遣り残して無念に思う事がないように、伝えたい事は伝えて、やる事はやらねばと思いました。

あと供養するということは、生きている自分達が前向きに頑張ってる姿を見せるという事だというメッセージでした。


最初4時間もどうやって繋げるのかと思ってたけど
あっという間に終わり、眠くなるどころか、スッキリ爽やかでかなり気持ちよく2007年迎える事ができました。

午前3時くらいにその足で、地元の神社へ行ってからおみくじを引いたら【大吉】でした!

このスッキリ感を1年持続させるようにしたいです☆

今年が皆にとって良い事がたくさんある年になりますように☆

初食いは神社のブドウ飴です。


:::::::::::

●千葉県のお店  KOKO  がお取引店に加わりました。 
またアクセスに追加します。
[PR]
by dart_nahoko | 2007-01-01 03:44 | シネマ・本・音楽・舞台・ライヴ


カテゴリ
全体
お知らせ
訪問・見学レポ
シネマ・本・音楽・舞台・ライヴ
クッキング
てづくり
つぶやき
レッスン
以前の記事
2017年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク